ひよっこ投資家の投資日記
日経225先物・FXを中心に投資する、ファーストトラック(経済的自由)を目指すひよっこ投資家の珍道中日記


プロフィール

griffin

Author:griffin
「投資」の世界へつい最近飛び込んだ新参者。大投資家となる日を目指し、悪戦苦闘中。
今まではFXをメインに投資を行って来ましたが、昨年より自作の日経225先物のシステムトレードで運用してます。
バックテストでは年利100%超。果たして、実運用の結果は如何に?



フリーエリア

金価格(米ドル)

システムトレードで年利300%を達成し、株だけで生計をたてる斉藤正章氏の特別動画セミナーが700人限定で無料公開されています。
今すぐこちらをクリックして、動画を入手してください。


お勧めブログ

システムトレードで年5000万円稼ぐ方法が、 バックテスト方法や具体的な売買ルールも含めて、 700人限定で完全無料公開されています。 暴落相場でも着実に利益があがる手法です。
今すぐこちらをクリックして無料レポートを熟読されることをおススメします。

サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ



フリーエリア2

金価格(米ドル)

Gold Price per ounce in United States Dollars



リンク

    リンクフリーです。
   相互リング募集中です。

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



最新の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


求めよ、さらば興へられん
求めよ、さらば興へられん。
尋ねよ、さらば見出さん。
門を叩け、さらば開かれん。
すべて求むるものは得、たづぬるものは見出し、
門をたたく者は開かるるなり。
汝等のうち、誰かその子パンを求めんに石を興へ
魚を求めんに蛇を興へんや。
さらば、汝ら悪しき者ながら、
善き賜物をその子らに興ふるを知る。
まして天にいます汝らの父は、
求むるものに善き物を賜はざらんや。
さらばすべての人に為られんと思ふことは、
人にも亦その如くせよ。
これは律法なり、預言者なり。
狭き門より入れ、
滅びにいたる門は大きく、その路は広く
之より入る者おほし。
命にいたる門は狭く、その路は細く、
之を見出すもの少なし。

聖書 マタイ伝 第7章 7節より


スポンサーサイト
テーマ:☆ お金持ちになれる秘密の魔法 ☆ - ジャンル:株式・投資・マネー

白耳義(何と読むでしょう?)
久々の更新です。この間、仕事の方に気持ちが取られており、
日記更新は気分的に後回しとなっていました。
すると不思議なことに、トレード成績も気分に連動したかの
ような結果。
自分の気分のバイオリズムと投資成績は、比例してますね。
パラメータをいじってパフォーマンスを上げるより、
いかに平常な気持ちを保てるかの方が、大事ということです。

システムトレードを用いている以上、「負けトレードもシステム
の内」であり、確率論から導き出されたサインに従って
ポジションを持ちます。乱暴な言い方をすれば、
「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」
戦法なわけです。当たった時に大物を仕留めれば良いのです。

ここに気分が加わると、本来の意味とは異なりますが、
「下手の考え、休むに似たり」
となります。トレードしても、しなくても同じ状態(今が
これですね)。

来月はサラリーマン生活に終止符を打つ月ですが、毎日休み
です。要は有休休暇の消化月です。
再来月からは、法人としてのファンドマネージャー業務も本格的
に始まりますから、来月はのんびり休んで気分を入れ替える
ために旅にでも出ようかな。

白耳義に行きたいなぁ、でも今年3回目の海外旅行(ヒント)
になっちゃうし。。。
何故 白耳義か?って、その答えは赤いカニ(?)のぬいぐるみ
の方が知っている。←mixiネタです

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

次はこれだ!
つい1週間前にはシンガポールにいたのですが、それがもう
随分昔に感じられます。夢だったんじゃないかとさえ、思って
ます。

さて現実に戻り、来月はこの↓セミナーに
http://www.esystemtrade.com/seminar/070721.html
エントリーしました。
大人数なので、どこまでの話しが聞けるか分かりませんが、
値段も安いし、保田さんがどんな花火を打ち上げてくれるか
見て来ます。

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。